カテゴリ:夢想( 50 )

夢見【夢の中で夢】

夢見【夢の中で夢】|・・つれづれに・・

さめた夢
 
 
映画を見ている
 
主人公と自分が
 ダブついて
 
繰り返し繰り返し
 
 
受験生?
 試験を明日にひかえてる
 っちゅうのに
 な~んにも
 準備ができてなくて
 
試験会場さえ
 試験開始時間さえ
 試験科目さえ
 ぼんやりとして
 
前日になって
 慌てるだけで 
それでも
 表面(おもてづら)
 平静を装い
 仲間と温泉に
 温泉宿で
 寝付けない
 
ぬくもりを
 もとめて
 忍び込むも
 
楽しめない
 
明日のことが
 心配で心配で 
でも
 何ができるわけでなく
 
いよいよ
 空が白んできてて
 試験会場であろう場所に
 とぼとぼ
 と
 
 
一転にわかに掻き曇り
 変身シーンへ突入
 『ジョーチャク』ばりに
 チカラをを得た
 そいつは
 逃げつつも反撃を
 
 
あたり一面は
 騒然としつつも
 傍観してて
 何食わぬ顔
 そ知らぬ顔
 ばかりが
 こちらに向かって 
それでも
 
 
ついに
 捕まった先は
 どこかの
 沼地か水溜り
 
「はい!タッチ!」と
 鬼ごっこを楽しむかの
 やりとりで
 
タッチされた側は
 霧のように掻き消え 
タッチした側は
 徐々に変化(へんげ)
 バタリと
 水溜りに顔をうずめ
 人外のモノへと
 特殊メークを、するが如く
  
 
「さー、ゲームの始まりだ!」
 グイーッと、カメラが引いてきて
 クレーンカメラな俯瞰画面に
 ナレーションとともに
 ジングルが
 
♪タッタタラ・ッタタタラ~~
 
 
 
多くの配役陣も
 それぞれの
 配置について
 
出番待ち状態に
 
 
 
 
次なるステージは
 年寄りのボケ的な
 
「わしゃ、この時を待ってたんじゃよ!」
 と
 終始、外れ気味な振る舞いを
 
 
 
 
ある程度
 ストーリーは決まっているはずなのに
 限られた範囲での選択肢のはずなのに
 
 
 
 
 
 
ジェットコースターに乗り込んでの
 犬に変身を
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
[PR]
by charry23 | 2009-02-05 07:23 | 夢想

夢見【仲間うち】

 
GREEの
 あの人と
 ねんごろに
 
 
オフ会か?
 仲間たちとの
 集まりに
 飲み屋を渡り歩き
 
GREEでの見知った連中が
 中心か
 daiさんが居る
 dai撮りをお願いするも
 なんだかんだとすかされて
 道路にはみ出ての
 そぞろ歩きに
 
「車がくるよ!」の
 注意の声が
 
 
そんな
 うだうだしてる中
 ふとしたタイミングに
 耳打ちされて
 
『好きなの』
 
 
それは
 告白?
 
 
すでに
 その人とは
 別行動になってしまってて
 あとで、あとで
 と
 ここで、そこで、
 と
 タイミング計るものの
 なかなか
 ぐだぐだ飲み屋を廻る
 仲間内から抜け出せなくて
 電話するタイミングすら
  
 
公衆電話を探してる
 
 
 
 
テーブル席で
 ウトウトと
 ハっと
 目が覚めれば
 すでに外は白んできてて
 
 
「いくぞ!」の声に
 
『まだ行くの?』の
 疑問の声が
 
 
 
 
「締めに、サウナでも」との
 提案に
 ぼそぼそ付き合って
 
スーパー銭湯か?
 ロッカールームでの
 着替えにも手間取ったり
 で
 汗のベタベタ感が
 なかなか
 拭いきれなくて
 
 
大浴場に
 サウナに
 水風呂に
 
 
 
 
ガウンを着ての
 ラウンジで
 カウンター席に座るも
 そろそろ限界に
 
 
 
トマトジュースを
 一杯だけ頼んで
 飲み干したあたりで
 
「ここらで」と
 おいとまを
 
 
 
 
 
 
カウンターに
 ¥1000札を
 忍ばせて
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
[PR]
by charry23 | 2009-01-15 07:46 | 夢想

夢見【トライアル】

 
二度寝したらば
 断片的な記憶も
 薄れていって
 
 
 
追いかけ追いかけられてでは
 なくて
 チェックポイントを廻る
 オリエンテーリング的な
 何かのゲームでイベントで
 
街中を
 走り回る
 【ヤマカシ】的な
 道なき道を
 複雑に入り組んだ
 立体交差な
 工事中なビルやら
 段差を乗り越えて 
 自分の足で
 ある時はスケボーで
 ある時はBMXで
 
ザックを背負って
 軽くもなく重くもなく
 ぴったりフィットするでなく
 ガサガサ揺すられて
 
ちょっとした
 高架橋の上にては
 工事関係者の
 小太りなおじさんが
 なにやら簡易の
 梯子をちょうど向こう岸に
 渡してるとこに
 スルリと入り込み
 ザックリ走りぬけ
 
きょとんとした
 その小太りさんが
 
エマージンシーカラーな
 黄色の鉄製の梯子を
  
 
 
決定権は誰に?
 
 
場面は
 クイズの会場へ
 モニターに映し出されたる
 回答が
 俳句のように
 短歌のように
 川柳のように
 縦書きに
 
つらつらと
 文字を追うも
 内容までは確認できなくて
 しかし
 的外れな回答ばかりで
 司会の児玉さんが
 困惑気味に
 
 
回答席に座るは
 金髪の、お嬢ちゃん
 ロマンスグレーの
 お髭のおじさまを相手に
 色仕掛けとも取れるよな
 目配せ
 足掛け
 手招き
 を
 
 
 
 
 
コマーシャルタイムに
 
 
 
 
♪ビルの街にガオー
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
[PR]
by charry23 | 2009-01-14 08:05 | 夢想

夢見【いいだろ】

 
マグロを求めて
 幾海里
 ひたすら
 5トン級の
 その船は
 ひた走り
 荒波超えて
 いくはてか
 
そこは漁師町
 青森八戸
 
噂が噂を呼び
 漁協を騒がす話しにまで
 漁協の組合費を
 横領しただの
 使いこんだの
 それは、誰?
 それで破産を?
 
漁協から
 追われる身となりて
 港町を転々と
 
弁護士やらの
 先生方からも
 逃げ出して
 
 
 
 
遅刻とりしまりに
 捕まる輩が
 
 
 
 
 
一言、つぶやく
 「少しくらいなら・・」
 
 
 
いいわけないのに
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

[PR]
by charry23 | 2008-12-29 16:56 | 夢想

かけない電話

 
携帯で
 一番使わない機能は
 “通話”機能 だったりする
 
 
一番使ってるのは
 GREEへのアクセスか
 覚えに
 写メ撮りか
 
 
あとは
 迷惑メールが
 ごちゃまん
 と
 
 
 
 
よっぽど
 “通話”でなくて
 留守番機能や伝言機能で
 足りるだがな
 
伝言サービスで預かってもらって
 テキスト化してか
 まんま音声ファイルを
 メール添付してくれれば
 それで
 
こちらからかけるときには
 公衆電話でも
 探しますので
 
 
 
 
 
そんなサービスは
 やってくれないだろうなぁ
 儲からないだろうしなぁ
 
需要も少ないだろうしなぁ
 
 
 
 
 
 
 
ADSL用の
 電話回線基本料金も
 もったいないと
 感じていたり
 
かけないのに
 かかってこないのに
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
[PR]
by charry23 | 2008-12-11 07:39 | 夢想

夢見【ななたらぎ村】

七人の“ナナ”と呼ばれる巫女を並べ
 
 名札を集めて供養する
 いわば
 厄払いの祭り
 
祭りの間
 相手の名前を呼んではいけない
 呼んでしまうと
 なたらぎ様の祟りに
 
名前に“な”が含まれる人のは
 特に注意が必要で
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
まとめ
[PR]
by charry23 | 2008-01-06 13:22 | 夢想

夢見 【明日死ぬかもしれない、その前に】

ネジを捜してる

特殊なネジを
仕事で使う
直径2mm
長さ10mm
ほどの
頭がなくて
連続ピッチの

何かの
連結に使われる
埋め込み式の

そのネジが
見つからない



仕事が終わらぬまま
とある
立ち飲みカウンターの
高級バーにて
夜な夜なパーティー
一夜のお供を
選別に

深く静かに
冷静を装いつつ
どこか
期待しすぎの

二十歳くらいの
主婦もどき
近寄ってきて
こう つぶやくのさ
『遊びでいいの』


駐車場に停めたジムニーから
大量の砂が



秋の
特番に
SMAPの仲居君が
サッカーゲームの
解説を
とんねるずの石橋とともに
『J2を育てて、いくんですよ』
『ボランチが育って』
『大黒が決めて!』



あの
回文好きな
女子アナが
涙して
[PR]
by charry23 | 2007-10-31 06:56 | 夢想

夢見 【 あのこと 】

いつかの
 あのこ 
 と
 
 ドライブへ
 待ち合わせの
 送迎に
 
 大学サークル系の
 集まりか
 彼女を自宅で拾い
 街中のキャンパスか
 劇場か寄り合い所か
 
 道すがら
 見覚えのある風景が
 見覚えのある町並みが
 見覚えのある店先が
 
 さっきまで
 駅前で用事をすませて
 待ち合わせ時間に間に合わせようと
 電車を飛ばし
 
 久しぶりの彼女との
 再会のはずなのに
 お互いが
 そ知らぬふりで
 後部座席に座る
 彼女の表情は
 バックミラー越しに
 ぼやけて見えて
 
 
 その
 イベント会場は
 どこぞの温泉旅館な体裁で
 奥の和室に案内されて
 彼女は隣の部屋へ
 
 こっちの部屋へ
 なだれ込むは
 若い兄ちゃん達で
 
 和服に
 着替えを始める
 
 これから
 茶会が開かれる模様
 
 「浴衣なら用意できたのにな」
 おばぁちゃん特製の
 
 
 
 
 
 
 そして
 次のステージへ
[PR]
by charry23 | 2007-10-27 15:04 | 夢想

夢見 【 いいこと 】

川が横切る街
舞台は
大阪か
京都か
岡崎か

川にかかる
車通りの激しい
橋を徒歩で
左端
歩道部分が
工事中

小雨そぼ降る橋の上
 道に迷い
 時間に送れ
 心細くも
 一人行く
 
さっきまで
 一緒に飲んでた
 いつもの組合の関係で
 二次会だかで
 隣町の映画館街での
 上映会
 演目は
 ラピュタ
 ナウシカ
 カリ城
 の
 ジブリ特集
 だと
 
細い路地での
 行き止まりやら
 車移動が困難となりて
 徒歩移動
 携帯電話の電源も残りわずかで
 
ようやく辿り着いたるは
 集合ビル立ち並ぶ脇
 アパートの一室

ひとしきり
 既に盛り上がった後でした
 ぐったりと横たえる人々
 しばし恍惚とした表情で
 ぼんやりとして
 気だるげな
 
コタツに
 膝まで入れての
 ご婦人が
 こちらに声をかけてきた
 
「こんにちは」
 顔を寄せ
 コンタクトを外したその目で
 こちらを確認しようと
 目をすぼめ
 
ほのかにラベンダーの香りが漂う
 そのつぶらな瞳で
 その潤んだ眼差しで
 なにか寂しげな
 その目線の先に
 物憂げな手招きとともに
 ふいに唇、奪われた
 やわらかな
 ぷっくりとして
 グロスの艶めく
 その唇に
 
何度も何度も
 
 
[PR]
by charry23 | 2007-10-08 12:32 | 夢想

ドッヂボールの応援を

 船の仲間
 
 研修で
 子供時代から乗船し
 卒業できれば
 何らかの資格が
 
 甲板で
 ガキどもの相手したり
 自分がガキだった頃の
 仲間関係(力関係)と
 重ねてみたり
 
 おどけてみたり
 
 
 
 港では
 お祭りが
 全ての会話が
 歌と踊りに
 彩られ
 魚が釣れる度
 貝を掘り当てる度
 誰かが飛び込む度
 脚立から
 飛び降り損なって
 誰かが足の捻挫をする度
 
 歌を歌い
 踊りを踊り
 叫び
 合唱
 集合体
 
 
 
 舞台は
 グラウンドへ
 そこで
 ドッヂボールの
 世界大会が
 初戦
 日本 対 韓国
 
 白と黒のユニフォーム
 それぞれがそれぞれに
 黄色い声援が
 
 高いフェンスに
 囲まれて
 ビルの影となり
 5階建てのアパートと
 同じくらいの高さの
 松並木にも囲まれて
 
 人がフェンスによじ登っての
 メッセージボードを
 作り上げ
 それを指示するは
 大学教授か
 タレントか
 
 
 
 
 
 
 
 集団行動が
 苦手なくせに
 そんな夢を
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
[PR]
by charry23 | 2006-12-22 07:06 | 夢想