<< 前述の日記での すっかり書きそびれ >>

あえて はずす

ここから先は
 濃いゲーム語りになりますので
 あしからず
 
 
 
主にアーケードゲームを 
 やり込んできまして
 コンシューマーを
 本格的にやり込み始めたのは
 ホント
 大学生時代になってから
 で
 高校及び予備校時代が
 ゲーセン通いのピークかな
 あれは
 駄菓子屋での
 インベーダーから始まり
 電子着火ライターによる
 クレジット誘発技を
 経験済み
 
 
【ポン】:アタリ社
 でテニスとかしたっけ 
あの頃のテレビだと
 ゲームをアンテナ線に
 繋いでね
 UHFの2chかに
 設定したりして
 ガチャガチャ
 と
 
そして
 ブロック崩しやら
 ゲームウォッチやら
 までで
 
そこから
 家庭内でのゲームを
 禁止されて
 
 ファミコン
 スーファミ
 メガドラ
 PCエンジン
 コアデュオ
 ゲームボーイ
 アミガ
 このあたりのプラットフォームは
 ごっそり抜けて
 大学時代になってから
 友人宅にて
 紹介される羽目になり
 
かくして
 FFも
 ドラクエも
 やったことのない
 ゲーマーが
 できあがり
 
 
ゲーセン通い時代にて
 培った
 エンターテイメントとしての
 ゲーマーのありよう
 いかに
 ギャラリーを沸かせるか 
 困難にあえて身を置き
 そこからのありようを
 
 
グラⅢでは
 スネークオプションを
 使い続け
 あれほど使いにくい装備を
 自ら実証
 それでも意地になり
 誰も使わないであろう
 あの装備に拘ったのは
 まさに
 誰も使わないであろうから
 
エリア88では
 A10グレッグを
 使い続け
 
3画面ダライアスでの
 ウエーブ装備が好きでした
 あの
♪カカカー
 って
 3発打ち込んだら
 次弾装填までの
 数秒の待ち時間たるや
 なんとも
 シュールで
 
ストⅡでは
 エドモント本田
 一筋でして
♪ドスコイ
 のタイミングだけは
 負けないつもりでして
 いまでも
 
 
 
大学時代の友人宅にて
 通い積めてクリヤーしたる
 スーファミの
ファイヤーエンブレム
~紋章の謎
 とやらでは
 メインキャラは
 斧使い バーツ
 でした
 
サジ マジ バーツによる 
『トライアングルアタック!』とか
 叫んでたり
 
『ちょっとやってみて』って
 友人からの
 些細な一言からの始まりで
 そいつにとっては
 ファイヤーエンブレムを 
筆頭に
 シュミレーションゲームの達人であったわけで
 初シュミレーションである
 おいらに
『こんなゲームだよ』と 
 単に紹介するぐらいの
 さわりにて
 あれよあれよ
 と
 
 
老人兵である
 ジェイガンを
 育てようとしてみたり
 レベルがあがっても
 パラメーターの変化が
 何も無くなって
 そこでやっと見限ってみたり
@運が1上がっただけでも喜んでたり
 
 成功率が低くて
 攻撃力も低い
 手斧を頻繁につかってみたり
『こっちの攻撃力と相手の防御力と地形効果と相性と』で
 そんなものは
 おかまいなしに
 無謀な戦いを
 繰り広げてました
 
時に
 成功率の低い
『手斧があたったぁ!
 と思えば
♪ギリギリギリー
 
 ダメージ 0
 
 あれは笑った(爆
 
 
 
バーツを育てての
 デビルアックスを
 使いきったプレイヤー
 なんて
 全国さがしても
 数少ないんじゃないか? 
あの
 基本パラメーター
 50%の確率で
 自分の攻撃が跳ね返ってくる
 という
 こいつをおいらは
 ここぞというときに
 使ってたからね
『ここで決めなきゃヤラレル』ってときに
 盤上の他の駒では
 移動が間に合わないし
 で
 デビルアックス始動!
♪カキーン!
 光ったよ
 クリティカルだよ
 
 
30回くらいか
 振り回して
 跳ね返ってきたのは
 
 確か
 2回
 
 
 
あれは
 いまでも
 友人との間で
 語り継がれる
 伝説のプレイと
 なっている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ギャラリーを沸かせてこそ
 の
 エンターテイメントとしての
 ゲームの在りよう
 か
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
[PR]
by charry23 | 2008-01-19 03:30 | 下書
<< 前述の日記での すっかり書きそびれ >>