<< 頸が廻らない シンプルに >>

夢見“時間厳守”

 AV女優の
 奥様たちが
 自分の子供たちの
 話をしている
 
 『うちの子大丈夫かしら?』
 『ちゃんとやってるかしら』
 
 そんな奥様たちは
 刑務所に
 灰色の囚人服着て
 食堂での会話なり
 
 
 一方その頃
 子供たちは
 何かの合宿に
 大きな島を中心とした
 港町に
 高知か?
 
 電車での移動
 民宿での寝泊まり
 荷物をいつもの
 ザックに積めて
 
 宿が変わり
 各自移動を
 
 布団を畳み
 荷物の積め直し
 あれやこれや
 と
 忘れそう
 
 
 大事な指輪が
 見つからない
 それでも
 時間が
 
 
 バスで駅に
 東京発
 渋谷経由の
 新宿下車
 
 南口改札から出て
 北口に廻りこまねば
 
 母に接近遭遇
 母は気づかずに
 自転車で地下街へ
 そのルートは
 使えない
 顔を合わせたくないから
 
 
 仲間を連れて
 歩く歩く
 アーケード街を
 土手沿いを
 そして
 行き着いた先での
 地下通路への入り口が
 水没してて
 通行不能に
 
 別ルートを
 探索
 
 
 海にかかる
 巨大な高架を(瀬戸大橋レベル)
 車が走ってる
 その下を
 這うようにして
 
 
 杖を二本持っていて
 そのうちの一本を
 彼女に貸して
 密着しての
 かつぎ上げるよにしての
 高架進み
 
 途中
 テレビモニターに
 映し出されたる
 なぞなぞもどきの
 指令やら
 が
 
 
 
 
 『あああ、釣りがしたかったな』
 
 
[PR]
by charry23 | 2007-07-08 06:22 | 下書
<< 頸が廻らない シンプルに >>