<< 今気付いた 多分もつさもたせるさ >>

島流

いつも一人
いつでも一人

無理に
馴染む
努力も
してなくて


移動のバスでも
各地の休憩場でも

ただ
そこにいるだけ

「つまらなくないの?」

心配されてやせんかと
心配だったり

何枚かの
写真と

そこには
目標となる
人物は無く

大木だとか
石畳だとか


そして
お宿は
船で
渡った
あの島



バスの中でも
宴会で
宿に着いたら
温泉と
宴会で

女を引き込んでの


それが
目的か


酒と
女と
ご馳走と

傍らに寄せ
お喋りして
見つめて
握っとけ


手慣れたもので
いい雰囲気で
ありつつも
軽く
あしらわれ


二階宴会場から
一階ラウンジヘ
場所を変えつも

人数が減り
腰に手を回し
囲いつつ
歌を歌う
位のことで

22時には
コンパニオンは
おいとまを


更なる
お楽しみは
期待せず

入り口で
待機してた
お姉さまがた
あれが
お相手
候補なのでしょう





勘弁してね
翌朝5時から
釣りをしに


知らぬうちに
メンバーに
@釣りグループ




断る一つの
言い訳に
@早起きモード







そして
深夜に
目が覚めて
[PR]
by charry23 | 2006-07-03 03:46 | 下書
<< 今気付いた 多分もつさもたせるさ >>