<< 駄目出しされるまでもなく 更新履歴 >>

冷たき腕を

 
 布団から
 ウッカリ
 はみ出た
 この腕が
 冷たくて
 
 
 秋の深まりを
 まとわりつかせた
 その腕を 
 
 僕は
 自らの
 体温で
 ほぐしていく
 
 
 その
 ぬくもりに
 安堵する
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 その
 ひとときを
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
 冷たき腕を
 
[PR]
by charry23 | 2005-11-11 06:53 | 下書
<< 駄目出しされるまでもなく 更新履歴 >>