<< たそがれ時に 好き の 責任 >>

夢見【気には なる】

 
着物の女性が
 二人して
 
古めかしい喫茶店で
 抹茶を
 飲んでらして
 
こじんまりとした
 小粋なテーブル席に
 向かい合って
 まったりと
 
『このお茶、何か香りが抑えてあるような』
 「でしょ!」 
『着物に匂いが移らないための配慮かしら』
 と
 
抹茶を♪ぽちょり
 と 
小皿に
 うっすら引き延ばして 
 色の具合を
 確かめてもいたりして 
 
 
やがて
 ふたりの会話は 
旦那さんのやら
 元彼のやら
 頼れる男性とやら
 
 
 
それはそれは
 
 
 
 
そんな二人から
 僕の存在は
 かき消され
 て
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
[PR]
by charry23 | 2009-08-22 12:55 | 夢想
<< たそがれ時に 好き の 責任 >>